建築写真専科

 

 

写真を通して皆様のお手伝いをするのが私の仕事です。HPに掲載する実績写真、新規クライアントとのプレゼン用に…

写真を観た人が実際にその建築に触れたい、現地へ訪れたい。そして設計を依頼したい。そう思える様な写真を撮りたいと考えています。

必要と判断した場合、本番撮影前には必ず現地へ下見にお伺いします。当たり前の事ですが。

ぶっつけ本番で撮影に挑んでもあまり良い結果に結びつきません。

 

また、撮影から現像、画像補正、プリント、製本まで一つ一つ丁寧な仕事を心がけています。

 

撮影を依頼される方は、アトリエ系建築家、組織系設計事務所、大手ゼネコン、商環境インテリアデザイナー、町の工務店等々多義に渡っており

それぞれが必要とする写真の内容が異なります。例えば、医療施設と個人住宅では、撮影のノウハウが全く違います。

建築家・設計士・デザイナーが何を求めているのか?撮影前に現場でのヒアリングは大切な時間です。

また、人それぞれ好みの写真が異なります。初めて仕事をする方にはヒアリングと撮影をしながら好みの写真を探ります。

ガチガチのコントラストが効いた写真が好きな人、フラットな柔らかい写真が好きな人…千差万別。

一度撮影をした方の好みは頭にインプットされます。次の案件では何も語らずともお任せ頂いております。

 

「いい写真だね!グラスアイに撮って貰って良かったよ」と笑顔で声を掛けて貰えると嬉しいですね。

 

一枚の写真の価値が分かる人は是非ご連絡下さい。