エビハラカズミ / GlassEye Inc.

Kazumi Ebihara

 

会社概要   商号 株式会社 GlassEye    設立 2007年10月

     代表 海老原一己

 

事業内容 建築写真撮影専門

 

撮影経歴 1993年~2007年、建築撮影専門の写真事務所に在籍。

     2007年の秋、15年に及ぶサラリーマン生活にピリオドを打ち

     フリーランスとして独立し現在に至る。

 

編集室  東京都千代田区鍛冶町2-1-2 神田南口鋭光ビル6F

山梨分室 山梨県南巨摩郡身延町八日市場556

 

★アシスタント随時募集中 ※登録制

 

e-mail      ebihara@glass-eye.jp

 

 

 

★グラスアイに撮影を依頼しない方が良い理由

 

初めにグラスアイは「建築写真撮影専門」です。

建築以外のブライダルや料理の撮影は請負っておりません。

七五三も撮りますけど、建築も撮れますよ!…では無くて

建築写真”だけ”しか撮影出来ません。

また、外注&下請け撮影も行っておりません。

 

雑誌メディア「いわゆる紙媒体」の撮影をしない私はものすごく知名度が低いです。

業界でもトップクラスの無名カメラマンです。

有名建築写真家に撮って貰いたい人は私に依頼しない方が賢明です。

 

週末に集まって、大学時代の研究室仲間と楽しい建築談義。

「竣工写真、◯◯さんに撮って貰ったんだぜ!とか、新建◯の取材を受けたんだよ!」などなど。

最近竣工した建物の話に花を咲かせたいもの。

しかし、グラスアイに撮らせてしまうと、それは叶わぬ夢。

仲間の建築家に自慢出来ませんよ…。

残念ながら誰もグラスアイの事を知りませんから。あなたの自尊心は満たされません。

 

また、建築雑誌に作品!?が掲載される事をステータスと感じている人も辞めた方が良いですよ。

私は建築雑誌社とは真逆の立ち位置にいるカメラマンです。

 

それと、肝心な撮影料金。

ハッキリ言って安く無いです。

無名ですけど、安くないです。

全く面識の無い方からのお見積依頼も、基本お断りしています。

 

いかがでしょうか?こんなに生意気な私に撮らせたいと思いますか?

やめた方がいいですよ。絶対に後悔しますから。

 

そんな私にも皆さんのお役に立てる事が有ります。

私、日本建築写真家協会で役員を仰せつかっています。

広報という立場で協会のウェブサイトを管理しているのですが、毎月上がってくる検索ワードの

No.1は「有名建築写真家」。皆さん、やっぱり有名な建築写真家に撮ってもらいたいんですよね 笑。

もし、◯◯さんに撮影依頼をしたいんだけれど、面識ないんだよな…と言う方がいらっしゃったら

ご相談下さい。私からコンタクトを取る事もやぶさかではありません。

ちなみにコンスタントに上位に食い込んでくる検索ワードが「グラスアイ」笑。

ウェブサイト上で「NOSTALGIC JAPAN」というコラムを執筆しているからでしょうか?

紙媒体で無名なグラスアイが誰なのか?皆さん知りたくなるのかも知れませんね。

以上、グラスアイに撮影を依頼しない方が良い理由を説明しました。

 

最後になりますが、建築写真をプレゼンや営業ツールとして利用しない人は、グラスアイに依頼してはいけません。