海老原一己 / GlassEye Inc.

Kazumi Ebihara

 

会社概要   商号 株式会社 GlassEye (グラスアイ)

     設立 2007年10月

     代表 海老原一己

事業内容 建築写真撮影専門

撮影経歴 1993年~2007年、建築写真撮影専門の写真事

     務所に在籍。2007年の秋、誰もが抱く種類の

     会社に対する不満から独立を模索。

     15年に及ぶサラリーマン生活にピリオドを打つ。

編集室  東京都千代田区鍛冶町2-1-2 神田南口鋭光ビル6F

山梨分室 山梨県南巨摩郡身延町八日市場556

e-mail      ebihara@glass-eye.jp

 

 

 

 

 

★グラスアイに撮影を依頼しない方が良い理由

 

あなたがこれを読んでいると言うことは、グラスアイに何かしらの興味があるからだと思います。

 

そんなあなたへ。

グラスアイに撮影を依頼しない方が良い理由を説明します。

 

不肖グラスアイは「建築写真専門」です。

建築以外のブライダルや料理の撮影は請負っておりません。

七五三も撮るけど、建築も撮れますよ!…では無くて建築写真だけしか撮影しません。

勿論、外注&下請け撮影も行っておりません。

あなたが建築写真撮影以外を予定しているならば、他をあたった方が賢明です。

 

週末に集まって大学時代の研究室仲間と一緒に楽しい建築談義。

新建◯の取材を受けたんだよ!」などなど近況話に花を咲かせたいもの。

建築好きのあなたは、竣工写真を眺めながら白飯三杯は食べたいところでしょう。

悲しいかな、グラスアイの事など誰も知りません。

私に撮らせてしまうと仲間の建築家に自慢出来ませんよ。

 

グラスアイは神田駅南口を出てすぐ、日銀通り沿いに編集室を構えています。

編集室の扉を開けると、東京駅までは徒歩10分。新幹線に乗れば、新大阪まで2時間30分。

東北方面へ向かうと、杜の都仙台には1時間30分で着いてしまいます。

東京からカメラマンを呼びたくない。絶対に地元のカメラマンを使いたいんだ!という方は

グラスアイに依頼してはいけません。連絡するとあっという間に現場へ駆けつけてしまいますよ。

 

また、最近は空撮と言ったら猫も杓子もドローン撮影。

グラスアイでは専属のドローンパイロットが、建物の立地条件を考慮して

飛行禁止区域の状況を調べた上で、ドローン撮影が良いかどうか?

又はヘリかセスナ機で撮影すべきかどうか?をご提案しています。

絶対にドローンでなければダメ!と言う方はグラスアイに依頼してはいけません。

グラスアイでは現場の状況に合わせて臨機応変に対応してしまいます。

 

更にグラスアイでは、世間を騒がせた構造設計の姉○建築士の様な

明らかにズラと分かる、違和感バリバリの青空修正は行っておりません。

竣工写真撮影では、曇天でも今日しか撮影チャンスが無いという場合もあります。

しかし、グラスアイではその様な使えない写真は撮りません。

曇天で撮影して、快晴の様な青空で修正をしたいと言う方は他を当たって下さい。

 

 

建築のプロポーションを大切にしたい人。

建材の質感を写真で表現したい人。

その空間に流れる空気を写真で表現したい人。

そして、写真を活かして本気で収益を考えている人。

以外は、私に撮影を依頼してはいけません。

 

今どき、建築雑誌に設計した建物が掲載される事にステータスを感じている人も

他をあたった方が賢明です。本当に良い建物はなかなか建築雑誌には掲載されません。

施主が取材されませんので。

 

いかがでしょうか?

こんな私に撮らせたいと思いますか?

自信を持って「グラスアイに竣工写真を撮って貰ったよ!」と言えますか。

やめた方が良いですよ。絶対に後悔しますから。

私にアポを取る前に、今一度冷静に考えましょう。