建築富嶽百景。

 

遠くに小さな富士山を見つけたとき。

ビルの谷間から雪化粧した姿が現れたとき。

思わず心が躍ってしまう。

 

冬の朝、その崇高な姿は関東平野からも拝む事が出来る。

稜線がはっきりと遠く青い空に浮かび上がる。

 

暮らしの中にある富士山。

人々の営みと密接している霊峰富士が良い。

四季折々の表情が心を癒やしてくれる。

 

僕の写真は「建築」が主役。

だけどそこに人の気配が無いとツマラナイ。

 

黄昏時、窓から眺める富士山。

移りゆく空の色を楽しむ。

朱色からほろ酔い気分の桃色へ染まってゆく。

そしてブルーアワーは刹那。

 

                                 

額縁から見える風景

 

Mt .FUJI-REST ROOM

 

富士みち